トピックス

HOME

第8回国際燃料電池ワークショップ 2018のプログラムを改訂しました

2018年08月09日

第8回国際燃料電池ワークショップ2018のプログラムを改訂しました。

「第8回国際燃料電池ワークショップ2018 – PEFCs: 基礎から応用まで – 」の参加登録を開始しました。このワークショップは招待講演(口頭発表)と、ポスター発表から構成されます。日米欧アジアの各分野の研究、開発のリーダーを招待し、講演と討論に十分な時間をかけます。また、ポスターセッションの討論時間も十分とり、通常の学会では得られない深い認識と、研究交流の促進をめざします。 皆様のご参加をお待ちしております。 

主催 山梨大学
後援 (国開)新エネルギー・産業技術総合開発機構、経済産業省、山梨県、国際電気化学会、(公社)電気化学会、(公社)日本化学会、(公社)高分子学会、(一社)触媒学会 (予定)、(国開)科学技術振興機構、(国開)物質・材料研究機構、 (一社)水素供給利用技術協会(HySUT)、(一財)日本自動車研究所、燃料電池実用化推進協議会、(一社)燃料電池開発情報センター、(公社)山梨科学アカデミー (予定)
オーガナイザー H. Gasteiger, A. Kucernak, K. Hasuck, S. Holdcroft, H. Uchida

各種お申込み

参加登録はこちら→ 参加登録
ポスター発表申込み、要旨の提出はそれぞれの書式をダウンロードし、E-mail添付にて
(ifcw@ml.yamanashi.ac.jp)へご送付下さい。


  • ポスター発表申込み 書式ファイル [MS-Word / PDF]
  • ポスター発表用要旨 書式ファイル [MS-Word / PDF]

    *ポスターを掲示するパネルのサイズは幅=90 cm、高さ=180 cmです。
    *MS-WordファイルはMS-Word 2007 (Windows)で作成しています。
    *PDFファイルの閲覧にはAdobe Acrobat Reader(フリーソフト)が必要です。

参加費

早期登録:7月20日(金)まで 参加登録費 26,000円、懇親会費 8,000円(会場定員200名になり次第、締め切らせて頂きます)
通常登録:8月10日(月)まで 参加登録費 29,000円、懇親会費 8,000円(余席が有りましたら、受付可能です)
ポスター発表申込および要旨提出 7月6日(金)

会場

ベルクラシック甲府
住所: 〒400-0031 山梨県甲府市丸の内1-1-17 (JR中央線甲府駅より徒歩3分)
TEL: 055-254-1000
アクセス等につきましては、ベルクラシック甲府のホームページ http://www.bellclassic-kofu.com/ をご参照ください。

プログラム

 
Aug. 23 (Thur.) 9:00-9:15 Address from the Chairman of the Organizing Committee
 H. Uchida (University of Yamanashi)
Address from the Host of the Workshop
 M. Hayakawa (Vice President of the University of Yamanashi)
Congratulatory Speech
 H. Sano (Manager of Industry and Labor Department, Yamanashi Prefecture)
Chairs: H. Kim and M. Uchida
9:15-10:15 “Recent Advances in Pt Core-Shell Electrocatalysts for the Oxygen Reduction Reaction”
K. Sasaki (Brookhaven NL., USA)
10:15-11:05 “Recent Fuel Cell Catalyst Development at TKK”
M. Ishida (Tanaka Kikinzoku Kogyo, Japan)
11:05-11:20 Break
11:20-12:20 “Recent Progress on Improving the Performance of Nanofiber Electrodes in Hydrogen/Air Fuel Cells”
P. N. Pintauro (Vanderbilt Univ. USA)
12:20-14:00 Lunch
14:00-15:00 “Research and Development of Electrocatalysts and Polymer Electrolytes for Superlative, Stable, and Scalable Performance Fuel Cell”
A. Iiyama (Univ. Yamanashi, Japan)
Chairs: S. Holdcroft and K. Miyatake
15:00-16:00 “Towards Hydroxide Ion-Conducting Polymers That Are Stable in Hot Caustic Solutions”
S. Holdcroft (Simon Fraser Univ., Canada)
16:00-16:15 Break
16:15-17:05 “Development of Perfluorinated Polymer Electrolyte Membranes for Fuel Cells at AGC”
A. Watakabe (Asahi Glass Co. Ltd, Japan)
17:20-19:20 Banquet
Aug.24 (Fri.) Chairs: A. R. Kucernak and A. Iiyama
9:00-10:00 “Exploring Cation Transport Impact on PEMFC Performance and Durability by Experiments and Modeling”
W. Gu (General Motors, USA)
10:00-10:50 “Fuel Cell Vehicle Development in TOYOTA”
T. Suzuki (Toyota Motors, Japan)
10:50-11:40 “Panasonic's Challenge for Popularization of Ene-Farm and Hydrogen Society”
Y. Tsuji (Panasonic, Japan)
11:40-12:50 Lunch
12:50-13:40 Poster Presentation
Obligation time for odd numbered posters Lunch
13:40-14:30 Poster Presentation
Obligation time for even numbered posters
14:30-14:40 Break
Chairs: P. N. Pintauro and K. Kakinuma
14:40-15:40 “The Effect of Surface Sites and Spectator Species on the Electrocatalysis of the Oxygen Reduction and Hydrogen Oxidation Reactions Probed Using a Nearly Mass Transport Free Electrode Structure”
A. R. Kucernak (Imperial College London, UK)
15:40-16:40 “Oxygen Reduction Activity of Group 4 and 5 Oxide-Based Compounds as Non-Platinum Cathode for PEFCs”
A. Ishihara (Yokohama National Univ., Japan)
16:40-16:50 Closing Remarks
S. Holdcroft (Simon Fraser Univ., Canada)

参加者受付

8月22日(水) 17:00~18:00
8月23日(木) 8:00~
8月24日(金) 8:00~

連絡先

〒400-0021 甲府市宮前町6-43 山梨大学燃料電池ナノ材料研究センター
IFCW世話人   小俣富男
FAX 055-254-7104
TEL 055-254-7092
E-mail: ifcw@ml.yamanashi.ac.jp
Previous 一覧へ戻る Next