FC(燃料電池)電動アシスト自転車試作機完成披露式を開催しました

2021年06月01日

 2021年5月31日(月)燃料電池ナノ材料研究センター敷地内において燃料電池(FC)電動アシスト自転車試作機の完成披露式があり、報道各社に紹介されました。式には、山梨県長崎幸太郎知事と山梨大学島田眞路学長も出席し、試乗されました。

 FC電動アシスト自転車は、山梨県と山梨大学の連名で採択を受けた文科省の「地域イノベーション・エコシステム形成プログラム」「水素社会に向けた『やまなし燃料電池バレー』の創成事業」の一環で、山梨大学の技術を活用し地元企業である日邦プレシジョン㈱と共同で開発したものです。日邦プレシジョン㈱製のFCスタックには、地元企業である㈱エノモトの構成材も採用され、業界トップレベルの軽量・コンパクトなFCスタックに仕上がっています。国産FCを搭載した電動アシスト自転車国内第一号となります。災害時には、非常用電源としても活用可能としました。

 今後、更なる軽量化、コンパクト化、低コスト化を進め、実証事業を通して、シェアサイクル等への活用展開を図り、製品化を進めていく計画です。